夫婦円満の秘訣はすごく簡単【行動が全てです】

夫婦関係が破綻しかけている・・・。

このままじゃダメだと思っているけど、何から始めたらいいかわからない。

 

 

こういったお悩みにお答えします。

 

・夫婦円満の秘訣はすごく簡単なこと
・良い夫婦関係を築く具体的行動
・話し合う時間を作るべし

この記事を書いている僕は、結婚5年目に入りました。

まだ5年目ですが、生活していくといろいろと意見の食い違いやすれ違いが出てきます。

 

正直、この記事を読んだからといって、夫婦関係が上手く保証は全くありません。

だけど、読んだからには少しは実践してみるのもありだと思います。

行動するかしないかで、その後がかわります。

今回は、僕が実践している夫婦関係を良好にするための行動についてまとめていこうと思います。

 

夫婦円満の秘訣はすごく簡単なこと

結論:恥かしがらずに行動する

結論は、すごく簡単なことで「恥かしがらずに行動する」につきます

その理由は、結婚する前のことを思い出してみてください。パートナーと出会って結婚するまでにどのような行動をしていたかです。

多分、最初は恥ずかしい中でモジモジしながら手を繋いだり、スキンシップをとったりしていたのではないでしょうか。

それが、結婚し共に時間を重ねると、パートナーへの気持ちがおざなりになり、いざ気持ちを伝えようとしても、今更の恥かしさが優先し、なかなか行動に移せなくなります。

夫婦円満のために大切なのは、恥かしがらずに行動してみることです。

 

良い夫婦関係のためには努力が必要

結構思いがちなのは、夫婦は何も言わなくても気持ちでつながっているから大丈夫!だったりします。

これは全然大丈夫じゃないです。

かなり危険な状態だったりします。

夫婦になるには、役所に婚姻届を提出するとなれますが、結局どこまで行っても「他人」で、親子のような血の繋がった関係ではありません。

生まれも育ちも違う人が出会って、夫婦になろうとするわけです。

何の努力もなしで夫婦関係を継続しようとするのは、正直難しいと思います。

「夫婦なんだから何も言わなくてもわかるわ~」みたいな、ドラマのワンシーンのようなことは現実社会ではほぼないです。

良い夫婦関係のためには努力を怠ってはいけません。

 

良い夫婦関係を築く具体的行動

では、恥かしがらずに行動するためには、具体的にどのようなことから実践したらいいかを説明していきます。

・感謝の気持ちを伝える(言葉で表現する)
・自ら積極的に行動する(行動で表現する)
・夫婦の仲にも礼儀あり(マナーを意識する)

感謝の気落ちを伝える(言葉で表現する)

パートナーの行為に感謝の気持ちを素直に伝えることは、夫婦にとって些細なことでも、とても大切な行為です。

日常生活には、名前がつかない家事が山ほどあります。

シャンプーの補充、トイレットペーパーの補充、脱いだ服を表向きにして洗濯機に入れるなど、

自分がやっていないのに家事が終わるのは、必ず相手がやってくれているからです。

生活していく中で夫婦のどちらかがやって当たり前なことなんて何一つありません。

「いつも美味しいご飯作ってくれてありがとう」

「子供の面倒を見てくれていてありがとう」

「いつも部屋を綺麗にしてくれてありがとう」 など

まずは、素直に感謝の気持ちを言葉で伝えることから始めてみましょう。

 

自ら積極的に行動する(行動で表現)

夫婦の生活は共同作業の連続です。結婚式のケーキ入刀のような甘いものじゃないです。

特に子供が生まれると尚更です。

自分は仕事が忙しくて疲れているからと言って、相手にばかり仕事を任せるのは夫婦の共同生活をしているとは言えません。

正直、それは親子関係です。

どんな小さなことでも自ら積極的に行動することで、夫婦の日常生活をより良いものにしていきましょう。

 

夫婦の仲にも礼儀あり(最低限のマナー)

親しき中にも礼儀あり、もちろん夫婦にも当てはまります。

マナーの意識が薄れているパートナーは下品に見えてきます。

下品に見えてくると尊敬する気持ちがなくなります。

尊敬する気持ちがなくなると不満を言いたくなります。

 

 ・風呂上がりに真っ裸でウロウロ

 ・休日は顔も洗わずにゴロゴロ

 ・オナラやゲップは日常茶飯事

 ・言葉や態度が横柄

 ・人の話は上の空で返事

 ・家のこと、子供のこと、パートナーのことを知らなさすぎる など

 

付き合ってた頃は、こんなことはしなかったと思います。

相手に気に入られようと必死になっていましたよね。これが相手へのマナーです。

夫婦でも最低限のマナーはかなり重要です。

一つでも当てはまった方は、マナーの意識が薄れている可能性があります。要注意です。

 

話し合う時間を作るべし

些細なことでも話し合う時間は大切

生活が長くなると、少しずつ相手に直してほしいと思うところが出てきます。

思うところを相手に伝えることを放置すると、取り返しがつかない問題に発展することもあります。

特に日常生活が忙しくなると、どうしても話す時間が取れなくなります。

そんな時こそ積極的に時間を作り出す努力をしましょう。

定期的に夫婦間メンテナンスとして話し合う時間を作ることはとても大切です。

 

些細なことを話し合うときの注意点

・感情的な言葉を使わない
・相手の話を遮らない
・不満を一気に言わない

 

感情的な言葉を使わない

感情的な言葉を使うとケンカの元です。かえって問題を違う方向に大きくしていまいます。

必ず冷静になって、話し合うことが大切です。

 

相手の話を遮らない

相手が思っていることを話しているのに、それを遮ってしまうと消化不良を起こします。

せっかく話し合う場を設けている意味がなくなります。

何か意見を言うときは必ず相手が話終わってからにしましょう。

 

不満を一気に言わない

一方的に不満を言うと、ただの言葉の攻撃になりかねません。

聞いている方は、反省ではなく反抗したくなり、話し合いができない状況になってしまします。

一つ一つ、相手に直してほしいところを丁寧に説明するつもりで話していきましょう。

 

最後に

夫婦関係に悩まれている方は、まず、今までの生活を当たり前と思わず、恥ずかしがらずに自ら行動してみてはいかがでしょうか。

行動するかしないかで、その後が大きく変わります。

 

というところで、今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

余談ですが、こういった僕が子育てをしながら考えていることなどをTwitterで継続的に発信しています。ぜひフォローしていただけると嬉しいです。

champ@子育て×行動力×ブログ(@champ1090)/Twitter

最新情報をチェックしよう!