永田金網ファンヒーターガードの口コミ・レビュー【結論は大満足です】

永田金網から販売されているファンヒーターガード(NFHG-3055C)のレビューです。

2歳半の息子が吹き出し口に近づきたがるので、ファンヒーターガードを購入。上から力をかけてもずり落ちず、サークルのように場所を取らないものを探していて見つけました。
最終の決め手はパッケージと同じファンヒーターを使っていたところです。
良い買い物でした😊

日本の冬にはやっぱりファンヒーター!エアコンではどうしても芯から暖かくならないんですよね。

でも小さい子供がいるとファンヒーターを使うと危ないし。

そこで見つけた永田金網のファンヒーターガード。

ありそうでなかった仕様で我が家は大満足です。

そんな永田金網のファンヒーターガードについてのレビューです。

永田金網ファンヒーターガードの仕様

まずは簡単にスペックを説明しますね。

・本体前パネル:スチール(植毛)
・本体横パネル:スチール(焼付塗装)
・前パネル取付ネジ:スチール(植毛)
・横パネル取付ネジ:スチール+ABS樹脂
・調整金具:スチール(焼付塗装)
・固定ベルト:ナイロンベルト(面ファスナー)
・ネジ部分を含む組立時のサイズ:幅30~55×奥行21.5×高さ31.5cm

吹き出し口に取り付けるタイプだからとてもコンパクト!

吹き出し口に取り付けるタイプだからとてもコンパクト!

幅が30~55cmあるので、市販されているほとんどのファンヒーターに使えると思います。

固定はマジックテープになっているナイロンテープを2段ファンヒーターに巻きつけるので、マグネットタイプよりしっかり固定できます。

これまで我が家はベビーゲートを使いファンヒーターを隔離していたのですが、すごく部屋が狭くなっていました。

ファンヒーターの吹き出し口だけガードすると部屋が広々使えます。

やっぱり、よく動き回る子供がいる家庭にとって「コンパクトは正義」です。

永田金網のファンヒーターガードの口コミ

口コミを調査してみました。

永田金網のファンヒーターガードの良い口コミ

1歳の子供がいるため、ヒーターを出すことができずエアコンをつけていました。組立ても簡単で見た目も気にならないので、早く購入すれば良かったです(^^)
(楽天市場レビューから一部抜粋)
赤ちゃんの火傷防止のため購入しました。 取り付けはマジックテープで固定するだけの簡単仕様です。横幅が簡単に調整できるのも◎。全体の金網部分に何か細かい毛のような処理がされているおかげで、熱風で熱せられて熱いはずの金網もある程度触る事ができる温度になってくれているのはありがたいです。
(Yahoo!ショッピングレビューから一部抜粋)
寒くなって来たので。猫ちゃんが火傷しないように二個購入しました。猫ちゃんが乗ってしまっても、ずれることなく安心して使えます。
(楽天市場レビューから一部抜粋)

良い口コミとしてはこんな感じ。

・組立簡単
・植毛になっているから熱くなりにくい
・上から力をかけてもずれない

我が家でも感じていることをみなさん感じているようですね。

火傷しないための植毛は必須です。

永田金網のファンヒーターガードの悪い口コミ

ガードの色を黒ではなく、グレーにしてほしかったです。起毛のホコリがつきやすい素材なので、目立ちます。これが側面と同じグレーなら目立たなかったのになぁ。
(Yahoo!ショッピングレビューから一部抜粋)
高さを調整する部品がついてくるのですが、金属なのでフローリングに設置した場合に引きずると傷がつく可能性があるため何かしいたほうが良いでしょう。
(Yahoo!ショッピングレビューから一部抜粋)

一方で悪い口コミとしてはかんな感じ。

・植毛にホコリがつきやすい
・高さ調整金具がフローリングを傷つける可能性がある

必須の植毛が悪い口コミにもなっています。ある程度ホコリがついてしまうのは仕方がないので、こまめな掃除が必要かもしれませんね。

永田金網ファンヒーターガードの5つのメリット

永田金網ファンヒーターガードのメリットは以下の5つ。

・ガードの上から荷重をかけてもずり落ちない
・吹き出し口だけのガードだからコンパクト
・上からや下から物が入る心配がない
・移動させやすい
・吹き出し口からちょうど良い距離感

では順番に。

ガードの上から荷重をかけてもずり落ちない

吹き出し口から床までを覆うので、万が一ガードの受けから荷重をかけたとしてもずり落ちることがありません。

ガードの下の部分が床に着地しているので、しっかりバランスが取れてヒーター自体が倒れにくい設計になっています。

我が家でも子供がイタズラでガードに足をかけたりするのですがビクともしません。

吹き出し口だけのガードだからコンパクト

周囲をゲージで囲んでしまうとかなりのスペースが必要になってきます。

永田金網ファンヒーターガードは、吹き出し口をベルトで固定するだけなので、ヒーターの側面や奥行きを気にせず設置できます。

横幅も30~55cmで調整が可能なのでほとんどのファンヒーターに使えてとても良いです。

ちなみに我が家が使っているCORONAの木造15畳用ファンヒーターは幅が約47cmなのでまだまだ広げる余裕があります。

部屋で子供の遊ぶスペースをしっかり確保できるのは嬉しいよね!

上からや下から物が入る心配がない

2歳以上の子供がいるとおもちゃをヒーターに近づけたりすると思いますが、ガードの上部はヒーターにしっかりくっついているため、おもちゃが入る隙間がなく安心です。

猫など小動物を飼っているお家にも最適です。

移動させやすい

さすがに片手で移動はできませんよ!

でもしっかり固定されているので簡単に移動さられ、ヒーター周りの掃除もラクラクです。

どうしてもヒーター周りはホコリがたまりやすくなるので、犬や猫を飼っておられるお家でも掃除がしやすいのは嬉しいですよね。

吹き出し口からちょうど良い距離感

吹き出し口からの距離が近すぎず遠すぎずでちょうど良い距離感なんですよね。

ガードの網目から指を入れたとしても吹き出し口までは届きません。

火傷から守るためにガードをつけるので、ある程度吹き出し口から距離があるのが良いですよね。

安全にすごく配慮されているし、買ってよかったと思っているよ!

永田金網ファンヒーターガードの2つのデメリット

ここまではメリットを紹介してきましたが、もちろんデメリットもあります。

・植毛にホコリがつきやすい
・ガードの上部がファンヒーターに接触して傷がつく可能性あり

植毛にホコリが付きやすい

悪い口コミにもあったように、植毛部分にホコリがついて毛玉のようになります。

熱くならないためには植毛は必須なのと、ファンヒーター自体が空気を吸って吹き出すのでホコリが集まりやすいのは仕方がないと思います。

そうは言っても、掃除を小まめにしておけばそこまでは気にならないかなと思います。

ガード上部がファンヒーターに接触して傷がつく可能性あり

メリットでもありデメリットでもあるんですが、ガードの上部はファンヒーターにしっかりくっついているため、ファンヒーターを傷をつけてしまう可能性があります。

ガード上部にも植毛がついているので、ファンヒーターが錆びるような傷にはならないと思います。

ガード上部から物が入らないのは嬉しいことなんだけどね!

永田金網ファンヒーターガードは安全に配慮されたコンパクト設計

最後にもう一度、永田金網ファンヒーターガードのおすすめポイントをまとめておきますね。

・ガードの上から荷重をかけてもずり落ちない
・吹き出し口だけのガードだからコンパクト
・上からや下から物が入る心配がない
・移動させやすい
・吹き出し口からちょうど良い距離感

永田金網ファンヒーターガードの特徴は安全に配慮されたコンパクト設計。

小さいお子さんがいるお家はもちろん、犬や猫を飼っているお家にも適しているので是非使ってみてくださいね。寒い冬もこれで安心!

では今回はこの辺りで。

Twitterでは他にも自分が使ってよかったものを紹介しているよ。気になる方はペーサン(@champ1090)をフォローしてね♪♪
最新情報をチェックしよう!